member

瀬尾夏美 Natsumi Seo

代表理事

画家、作家。1988年東京都生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。土地の人びとのことばと風景の記録を考えながら、絵や文章をつくっている。2012年より、映像作家の小森はるかとともに岩手県陸前高田市に拠点を移す。以後、地元写真館に勤務しながら、まちを歩き、地域の中でワークショップや対話の場を運営。2015年、仙台市で、土地との協同を通した記録活動を行う一般社団法人NOOK(のおく)を立ち上げる。現在は、陸前高田での制作を継続しながら、戦争体験をした人たちや障害を持つ人たちの話を聞き、展覧会や企画を行っている。

komori haruka + seo natsumi HP

小森はるか Haruka Komori

理事

映像作家。1989年静岡県生まれ。東京芸術大学大学院美術学部先端芸術表現科修了。映画美学校フィクションコース初等科修了。東日本大震災後、ボランティアで東北を訪れたことをきっかけに、画家・作家の瀬尾夏美とアートユニットとして活動を開始。2012年、岩手県陸前高田に移住し、人の暮らしや語り、その佇まいを映像で記録している。2015年、仙台に移居。ドキュメンタリー映画「息の跡」を2017年に公開。

komori haruka + seo natsumi HP

佐竹真紀子 Makiko Satake

 

美術作家。1991年宮城県生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科修了。おもに絵や彫刻をつくる美術作家。仙台市沿岸部に、バス停留所を模したオブジェを設置する「偽バス停」プロジェクトを、2015年より継続中。地域の人びとと協働しながら、風景の記憶を聞く場づくりも行っている。

礒﨑未菜 Mina Isozaki
 

アーティスト。1991年東京都生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻在籍。 土地に出向き、その場所に添う新しい”うた”を考え制作し、映像で記録するプロジェクト「小民謡プロジェクト」を行う。歌と土地の関わり、そしてそこに表出する人々の暮らしについて考えている。

細谷修平 Shuhei Hosoya

理事

美術・メディア研究者、映像作家。1983年東京都生まれ。和光大学大学院社会文化総合研究科修了。大学在学中にイメージ論、編集術を学ぶ。アーティストの活動に関わる聞き取りや調査、記録を通して、アート・ドキュメンテーションを行っている。主には1960年代の藝術と政治、メディアを研究テーマとして、映像やテキストによる記録を行い、シンポジウムや書籍のプログラムを通した活動を展開。東日本大震災後は仙台に在住し、記録と藝術についての考察と実践を継続している。

清水 翼 Tsubasa Shimizu
 

舞台芸術プロデューサー。1981年宮城県生まれ。京都橘大学文化政策学研究科博士前期課程修了。2007年から劇団維新派に制作として所属し、以降、世界のさまざまな場所で野外公演を行う。特に、離島や山間の町では、製作環境や興行を行える土台が全く無いところから作品づくりを行ってきた。2017年の劇団解散後は、約半世紀に渡って活動した維新派のアーカイブを少しずつ進めている。

中村大地 Daichi Nakamura
 

作家、演出家。1991年東京都生まれ。大学入学に合わせ仙台市に移住、8年を過ごす。現在は東京都府中市に在住。「役立つ演劇」をつくるべく劇団・屋根裏ハイツで演出を担う。これまで試演会も含めて7つの作品を発表。外部劇団での演出経験も多数ある。また、東北で一番面白い学生演劇を決める「とうほく学生演劇祭」の事務局をつとめる。

屋根裏ハイツ HP