member

スクリーンショット 2015-10-26 3.27.35

瀬尾夏美  Natsumi Seo

代表理事

1988年東京都生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。2012年より小森はるかとともに岩手県陸前高田市に拠点を移し、地元写真館に勤務。陸前高田を中心として、市民と恊働するワークショップや対話の場の企画と運営も行っている。2015年からは仙台市と陸前高田市の2拠点を行き来しながら制作や発表を展開している。震災以後、一貫して土地の人びとのことばと風景の記録を考えながら、文章や絵をつくっている。

komori haruka + seo natsumi

 

 

01.300x300

酒井耕  Kou Sakai

理事

1979年長野県生まれ。東京農業大学在学中に自主制作映画を手掛け、卒業後社会人として働いたのち、2005年に東京藝術大学大学院映像研究科監督領域に入学。黒沢清、北野武らに師事。震災後、濱口竜介氏と共同で東北記録映画三部作『なみのおと』『なみのこえ』『うたうひと』を監督。現在は、仙台で民話の記録活動を続けるほか、地域の映像アーカイブ活動に関わっている。

酒井耕・濱口竜介監督 東北記録映画三部作公式Facebook

 

 

スクリーンショット 2015-10-28 10.26.34

長崎由幹  Yoshitomo Nagasaki

理事

1985年宮城県仙台市生まれ。京都府で修学後、2010年より仙台を中心に、ノイズやサウンドアートのライブなどのイベントを多数企画する。震災後は「3がつ11にちをわすれないためにセンター」のスタッフとして記録活動を行う。2014年のせんだいメディアテークの企画展示「記録と想起・イメージの家を歩く」では、全体の内装のコーディネートとインスタレーションで参加している。近年は、映像や音響の作家たちと、場の可能性をより実験的に追求する『ひどいイベント』を展開。

 

 

shosoya

細谷修平  Shuhei Hosoya

理事

1983年東京都生まれ。和光大学大学院社会文化総合研究科修了。アーティストの活動の映像記録や聞き取りを通して、アート・ドキュメンテーションを行なっている。また、1960年代の芸術と政治、メディアを研究テーマとして、調査と映像やテキストによる記録活動を行い、シンポジウムや書籍のプログラマー・編集者としても活動を展開している。東日本大震災後は仙台に移住し、せんだいメディアテークと協働で支援活動やその後の人々の姿を記録している。

 

 

スクリーンショット 2015-10-26 3.22.10

小森はるか  Haruka Komori
理事
1989年静岡県生まれ。東京芸術大学大学院美術学部先端芸術表現科修了。映画美学校修了。2012年より、瀬尾夏美と共に岩手県陸前高田市に拠点を移す。陸前高田を中心として、市民と恊働するワークショップや対話の場の企画/運営も行っている。2015年からは仙台市と陸前高田市の2拠点を行き来しながら制作や発表を展開している。東日本大震災後、地域に住む人々や町の日常の記録とドキュメンタリー映画の制作を続けている。

komori haruka + seo natsumi